夢の対決 投手ロボVS.打者ロボ

これはたしかにすごいけど、投手ロボの立場が微妙だなあ。

仮に150キロの球を投げられるようになっても大リーグの投手にはかなわないけど、
そのボールを100%打てる打者の方がレアだから、打者ロボの方が先に人間を超えてしまう。

これでは、技術的には高度なはずの投手ロボの注目度が低くなってしまう。

だから、さらに発展させて三本指でキャッチするロボットを作って欲しい。
三本指で150km/hのキャッチボールとなると、まさにロボットって感じがする。
それに両方とも対等だからどちらかが注目度が低くなって悲しむこともないし。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090724-00000097-san-soci

コメントを残す