break可能なコードブロック

Tclにはgotoみたいに直列に書いたコードをスキップする制御構文がない。

例えばなんかデータを受信して、チェックしたり加工したりしたあとでどこかに記録するけど、
結果によらず受信回数はカウントしときたい場合、こんなコードを書いたとする。

proc on_receive {data} {
  global cnt
  set res [validate $data]
  if {$res == 1} {
    incr cnt; return $res
  }
  set res [convert $data data2]
  if {$res == 2} {
    incr cnt; return $res
  }
  set res [save $data2]
  incr cnt; return $res
}

incr cnt; return $res; というコードを何度も書かないといけないのが嫌だ。

そこで今まではこんな書き方をしてたことがあった。

proc on_receive {data} {
  global cnt
  while {1} {
    set res [validate $data]
    if {$res == 1} break
    set res [convert $data data2]
    if {$res == 2} break
    set res [save $data2]
    break; # Don't forget!
  }
  incr cnt; return $res
}

ときどきだけど、while {1} の最後のbreakを忘れて、
無限ループに陥ることがあったので、ケアレスミスを減らすため、こう変えた。

proc on_receive {data} {
  global cnt
  foreach once {1} {
    set res [validate $data]
    if {$res == 1} break
    set res [convert $data data2]
    if {$res == 2} break
    set res [save $data2]
  }
  incr cnt; return $res
}

ちなみにforeachのところは、こうしても同じ。

proc on_receive {data} {
  global cnt
  for {} {1} break {
    # ...
  }

だけど何とも見た目が悪い。
初めて見た人は foreach {var1 var2} {1 2} break 並みに分かりづらいだろう。
多重代入のためにlassignが導入されたように、やはり目的が分かる名前の制御構文があったほうがかっこいい。

8.6のtry(8.5ではtcllibに入ってる)を使って、blockという途中でbreak可能な制御構文を作ってみる。

if {[info tclversion] <= 8.5} {
package require try
}
proc block {script} {
  try {
    return [uplevel 1 $script]
  } on break {result options} {}
}

さっきのコードを書き換えてみる。

proc on_receive {data} {
  global cnt
  block {
    set res [validate $data]
    if {$res == 1} break
    set res [convert $data data2]
    if {$res == 2} break
    set res [save $data2]
  }
  incr cnt
  return $res
}

どうかな。

これだけでblockなんて名乗るのはおこがましいので、もうちょい慎ましい名前を考えたら使ってみようと思う。

候補

  • breakable
  • through

Tclだとそんなところに脳のリソースを割かないといけないの?とか言わないでね。

コメントを残す