ネットワークアドレス変換関連の用語

NAT (Network Address Translation)

グローバルIPとローカルIPを1:1対応させる。

NAPT (Network Address Port Translation)

グローバルIPアドレスとポート番号のペアをローカルIPとポート番号のペアに1:1対応させる。

NAPTには多数の同義語が存在する

  • IPマスカレードはNAPTのLinuxにおける実装。
  • NATP(NAT+)、PAT(Port Address Translation)
  • ポートマッピング、ポートフォワーディング
  • 仮想サーバー、バーチャルサーバー、ローカルサーバー
  • NATオーバーロード、オーバーロード変換

静的NAT、静的NAPTは外部から内部のネットワークへのアクセスに使う。一般的なブロードバンドルータの設定に存在するのはこれらの設定。

動的NAT、動的NAPTは内部から外部への通信に対する応答が、送信元に返るようにするための機能であり、通常ユーザーが意識することはない。

と思う。

参考

IPマスカレード(NAPT,PAT,NAT+)を設定する
NAT と IPマスカレード(ポートフォワーディング) について
4.インターネットへの接続形態

コメントを残す