Tclでベクトル計算するサンプル

SXGAのリモートデスクトップウィンドウをアスペクト比を保ちつつ65%に縮小し、FullHDのディスプレイの右下に配置したい。手計算でも簡単にできることだが、今まで使ってなかった行列計算ライブラリの練習台に使うことを思いついた。

+-----------------------------+
|                             |
|                             |
|                             |
|                             |
|                             |
|               nw------------+
|               |xxxx         |
|               |   x rec x   |
|               |        xxxx |
|               |           xxx
+---------------+------------se
package require math::linearalgebra
namespace eval LinearAlgebraSample {
  namespace import -force ::math::linearalgebra::*
 
  set scale 0.65
  set v(se) [mkVector 2]
  set v(rec) [mkVector 2]
 
  setelem v(se) 0 0 1920
  setelem v(se) 1 0 1280
 
  setelem v(rec) 0 0 1280
  setelem v(rec) 1 0 1024
 
  set v(nw) [sub_vect $v(se) [scale $scale $v(rec)]]
  show $v(nw)
}

例題がしょぼすぎて練習になってないな。

線形代数苦手でプログラミングにも活用してないし、Maxima、Scilab、Octave、Rとかも使ってない。
ロボットの研究室にいたのに行列計算が苦手というのは勉強してなかった証拠ですね。

コメントを残す