暗号化APIを有効にしたSQLite3のTclバインディングをコンパイルする

コンパイルに使用したもの
ActiveTcl 8.4.19.5 http://www.activestate.com/activetcl/downloads
wxSQLite3(wxsqlite3-2.1.2.zip) http://sourceforge.net/projects/wxcode/files/Components/wxSQLite3/
SQLite3ソースコード(sqlite-autoconf-3070701.tar.gz) http://www.sqlite.org/download.html
MinGW(mingw-get-inst-20110530.exe) http://sourceforge.net/projects/mingw/files/Automated%20MinGW%20Installer/mingw-get-inst/

作業フォルダはどこでもいいですが、今回はc:\srcとします。
そこにSQLite3ソースコードとwxSQLite3を展開します。
こんな感じ。

c:\src
├─sqlite-autoconf-3070701
│  └─tea
│      ├─doc
│      ├─generic
│      ├─tclconfig
│      └─win
└─wxsqlite3-2.1.2
    ├─build
    ├─build29
    ├─dbadmin
    │  └─images
    ├─docs
    │  └─html
    ├─include
    │  └─wx
    ├─lib
    ├─samples
    ├─sqlite3
    │  ├─include
    │  ├─lib
    │  └─secure
    │      ├─aes128
    │      ├─aes256
    │      └─src
    │          ├─codec
    │          └─codec-c
    ├─src
    └─website

以下のフォルダ内の全てのファイルを
C:\src\wxsqlite3-2.1.2\sqlite3\secure\src\codec-c

ここに上書きコピーします。
C:\src\sqlite-autoconf-3070701\tea\generic

そして、以下のソースコードをテキストエディタで開きます。
C:\src\sqlite-autoconf-3070701\tea\generic\tclsqlite3.c

4行目の"../../sqlite3.c"を

#ifdef USE_SYSTEM_SQLITE
# include 
#else
#include "../../sqlite3.c"
#endif

"sqlite3secure.c"に書き換える。

#ifdef USE_SYSTEM_SQLITE
# include 
#else
#include "sqlite3secure.c"
#endif

これで、コンパイルの準備はできました。

さて、MinGW shellを起動しましょう。

ディレクトリを移動してコンパイルします。

cd /c/src/sqlite-autoconf-3070701/tea
$ ./configure CFLAGS="-DSQLITE_HAS_CODEC"
$ make

デフォルトではAES128コーデックが使われます。
試してませんが、AES256にしたければ、以下のようにすればよいと思います。

$ ./configure CFLAGS="-DSQLITE_HAS_CODEC -DCODEC_TYPE=CODEC_TYPE_AES256"

wxSQLite3 AES128ならGUIツールのSQLite2009 Proが対応していますが、AES256に対応しているツールはなさそうなので、セキュリティの強化以外の理由でAES256を選択する理由はないと思います。

これで以下のファイルができました。これ単体でTclのパッケージです。

C:\src\sqlite-autoconf-3070701\tea\sqlite3771.dll

直接tclshからloadするか、pkgIndex.tclとともにTcl/libにインストールしてpackage requireすることもできます。

さて、テストしてみましょう。

load sqlite3771.dll Sqlite3
 
# create plain database file
sqlite3 pdb plain.db
 
# create encrypted database file
sqlite3 sdb secret.db -key password
 
# SQL test script
# 1. create table
# 2. populate test data
# 3. execute query
set sql {
	create table users (
		id integer primary key autoincrement not null,
		name text,
		age integer
	);
	insert into users (name, age) values ("山田太郎", 30);
	select * from users;
}
 
pdb eval $sql
#=>; 1 山田太郎 30
pdb close
 
sdb eval $sql
#=>; 1 山田太郎 30
sdb close
 
# Re-open plain.db
sqlite3 pdb plain.db
pdb eval {
	select * from users;
}
#=>; 1 山田太郎 30
pdb close
 
# Re-open secret.db without a key
sqlite3 sdb secret.db
sdb eval {
	select * from users;
}
#=>; file is encrypted or is not a database
sdb close

既存のデータベースファイルを暗号化するには、rekeyするか、dumpを取得して
暗号化した新規データベースでrestoreすればOKです。
この作業には、wxSQLite3に付属するコンパイル済みのshellを使用してください。
C:\src\wxsqlite3-2.1.2\sqlite3\secure\aes128\sqlite3shell.exe

追記:Tclからもできます。

load sqlite3771.dll Sqlite3
# Encrypt plain database
sqlite3 pdb plain.db
pdb rekey "password"
pdb close
 
# Reopen as plain database
sqlite3 pdb plain.db
pdb eval {
	select * from users;
}
#=>; file is encrypted or is not a database
 
# Decript secret database
sqlite3 sdb plain.db -key password
sdb rekey ""; # specify null string as encryption key
sdb close
 
# Re-open plain.db
sqlite3 pdb plain.db
pdb eval {
	select * from users;
}
#=>; 1 山田太郎 30
pdb close

最後はちょっとはしょった説明になりましたが、できてしまえば結構簡単です。
tclsqliteの暗号化APIについてのドキュメントはないのですが、ネイティブの関数と基本的に変わりはないと思います。
間違ったコマンドを与えてやるとエラーメッセージに関数リストが出てきたり、
関数に間違った引数を与えてやることで使い方が出てきたりするので、いろいろ試してみるとよいと思います。

(tea) 1 % load sqlite3771.dll Sqlite3
(tea) 2 % sqlite3 sdb secret.db -key password
(tea) 3 % sdb ?
bad option "?": must be authorizer, backup, busy, cache, changes, close, collate, collation_needed, commit_hook, complete, copy, enable_load_extension, errorcode, eval, exists, function, incrblob, interrupt, last_insert_rowid, nullvalue, onecolumn, profile, progress, rekey, restore, rollback_hook, status, timeout, total_changes, trace, transaction, unlock_notify, update_hook, version, or wal_hook

なお、.NET Frameworkから使えるADOプロバイダとしてSystem.Data.SQLite.dllが暗号化に対応していますが、これはRSA-MS Cryptだそうです。名前しか分かりませんがとりあえずAESとは別物です。SQLite Encryption Extension($2,000)は4つのコーデックがコンパイル時に選択できるようです。

コメントを残す