Tcl/Tkで任意のフォルダをデフォルトファイラーで開く

たまにやるけど忘れるので。スペースを含まないときは別のやり方でも開くのですが、
一般的には以下のようにします。cmdの引数にエスケープされた状態で渡すというのがキモです。
string mapの変換ルールではエスケープシーケンスが適用されることに注意します。

set office_dir {C:\Program Files\Microsoft Office}
set escaped_office_dir [string map {\\ \\\\} [file nativename $office_dir]]
puts [concat exec [auto_execok start] explorer $escaped_office_dir]
eval exec [auto_execok start] explorer $escaped_office_dir

-- 追記
上記のスクリプトではエクスプローラで開くのが前提だったので、私のように秀丸ファイラーなどの代替ファイラーを使ってる人にとっては100%満足できるものではありませんでした。なんかこれを書いてるちょっと前にStackOverflowに同じ内容の質問が挙がってて、上記の提案をドヤ顔で投稿したところ、100%満足な回答が返ってきました。
http://bit.ly/Uu6q6N

set folderpath "C:/Program Files/Microsoft Office"
exec {*}[auto_execok start] "" [file nativename $folderpath]

ちなみに、趣旨が異なりますが、エクスプローラで指定のファイルを選択した状態でフォルダを開くには、

set out "C:/Program Files (x86)/Microsoft Office/Office14/EXCEL.EXE"
exec explorer.exe /select, [file nativename $out] &

コメントを残す